スポンサーリンク

禁煙生活

電気職人の禁煙生活(1日目)

電気職人が一念発起して始めた禁煙生活です。
この年末も押し詰まったこの時期に、
なぜわざわざ禁煙なんか始めるのか?

それは、この時期だからこそ、成功できると思うからです。
その理由は、簡単なことですから、
みなさんもわかりますよね^^


電気職人がこの年末を選んで、
禁煙に挑戦しようと思った訳は、
この時期なら、年末年始のお休みで、
タバコを吸うほかの電気職人さんに合わなくて済むので、
タバコの誘惑が少ないからです。

禁煙を実践しようとするとき、周りに喫煙者が居ると、
どうしてもタバコの香りを嗅いだり、
喫煙風景を目にしなくてはならず、
喫煙への欲求が膨らんでしまうものです。

でも、この時期なら、そんなシュチエーションは少なく、
自分の中に残っている自制心で、
何とか我慢できると考えたからこそ、
この年末年始の休みを利用して、禁煙することにしたんです。

そのための準備も整え、
禁煙パイポ スターターセット ワインレッドを購入し、
PAIPO-2.bmp
準備万端整えて、いよいよ禁煙生活を昨日からスタートさせました。

まずは、一日の喫煙本数を減らすことから始めます。
目標を一日10本以内と決め、
それ以上吸わないように、10本ずつに分けて持ちます。

10本以内にすることが、ファーストステップですから、
まずは、この目標を達成することに全力を傾けます。

この禁煙には、妻も協力してくれて、
私がタバコを買わないように、
そして、小分けしたタバコ以上に吸わないように、
半分残したタバコを管理してもらっています。

手の届くところにおいてあれば、
どうしても誘惑に負けてしまいそうになるものですから、
妻に完全管理してもらうことで、
自分に与えられた、本数以上に吸うことがないように
してもらっています。

その結果、初日の喫煙本数は、
見事に、目標本数をクリアして、9本でした^^

節煙開始初日としては、上々の出来だと自画自賛です^^

一日20本以上吸っていた電気職人が、
いきなり初日から、半分以下にすることができたんですから、
滑り出しは、上々だと思います。

この調子で、少しずつ喫煙回数を減らしていければ、
最終的に、完全禁煙も成功できると思います。

私が自分なりに考えた『インターバル禁煙』は、
ニコレットなどの禁煙補助薬からヒントを得たものです。

多くの禁煙補助薬には、少量のニコチンが含まれているものが多く、
ニコチンに対する、禁断症状の緩和を目的として作られています。
ニコチンが含有されているとゆうことは、
体内にニコチンを摂取し、その症状を和らげつつ、
禁煙につなげるとゆうことですから、
それなら、タバコを少しずつ減らしながら、
禁煙を実践しても、同じ効果が得られるのではないかと考えたのです。

ですから、スパッとタバコをやめるのではないので、
少し時間は掛かると思いますが、
余分なストレスを軽減しつつ、
無理なく禁煙につなげることができるのではないかと思っています。

もし、みなさんの中で、
私と同じような方法で、禁煙に成功された方がおられましたら、
その経験などを教えていただけませんか、
私も真剣に禁煙を考えていますので、
少しでも参考になるご意見は、拝聴したいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

スポンサーリンク


相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い