スポンサーリンク

電気職人の日々

家のエアコンが壊れた(>_<;)

久しぶりに月曜日に休みが取れて、
自宅で図面の整理をしていたのですが、
快適だった室内が何だか蒸し暑くなってきた。

午前中から、気温はどんどん上がって、
今日も35度を軽く越えそうな勢いです。



それでも、室内は、エアコンのおかげで、
室温は、28度前後で、安定して、とても快適だったのですが、
その室温が徐々に上がっているような・・・

しばらくすると、身体は汗ばみ、
とても蒸し暑い状況に・・・?

何でだ・・・

・・・


・・・


ふと気が付くと、室温は30度を超え、32度に???

エアコンは、順調に動いているはずなのに・・・

そう思っていたら、

な、な、なんと!!

エアコンが運転していないじゃないですか\(え。◎)/

何かノイズでも拾って、安全回路が働いたのかと思い、
まずは電源プラグを抜き、しばらくして復旧してみたのですが、
それでも運転は掛からず、
次に、室外機内の回路を確認して、リセットしてみても・・・

仕方なく、倉庫まで行って、マニホールドヲ持ち出し、
運転圧力を測ってみると、
当然、運転が掛からないのですから、
圧力計は、動きません・・・

出来うることは全て、確認してみたのですが、
完全に、機械自体が壊れてしまったようで、
うんともすんとも、動きません(>_<;)

そうこうしているうちに、時刻は午後3時
室温は、な、な、なんと36度に(*_*)

049.JPG

もうたまりません。。。

急いで、取引先の電材店に電話をして、
すぐにエアコンを持ってきてくれと言って、
持ってきてもらい、
この酷暑に中、自宅のエアコンの取替工事を行いました。

これで、また快適な室内に戻ります^^

それにしても、エアコンが壊れただけで、
室温が36度を超えるなんて、信じられませんでしたが、
実際に体験してみて、
「こりゃ、熱中症にもなるわ」
と、実感した次第です。

最近でも室内で熱中症の疑いで、
亡くなっている方がいるようですが、
本当に危険なレベルの温度まで、簡単に上がりますから、
室内だからと言って、安心せず、
みなさんもエアコンを活用してください。

ようやく室内も快適になり、
こうしてブログの更新を行っています^^

今日ばかりは、自分が電気工事士でよかったと思いました。
これが一般の方だったら、
家電量販店にエアコンを買いに行っても、
今なら、少なくとも2〜3日は、待たされると思います。

その点、工具もありますし、
それなりの技術も持ち合わせていますから、
簡単に取り替えることができ、
実際にエアコンが止まっていた時間は、
3時間程度だったと思います。

これも自分で出来る技術があるからですけどね^^

そういえば、この間現場でスマホを弄っていたら、
面白いサイトを見つけました。
それがこのサイトなんですが、

⇒⇒⇒ エアコンの取付を自分でする方法

何気なく見てみると、
内容は、しっかりしていて、
私が見ても、これだったら素人さんでも出来そうだと
思う内容でした。

かなり丁寧に、手順を追って、説明され、
その都度、写真を交えて、懇切丁寧に説明されていますから、
もし、私のように自分でエアコンを付けようと思っている方がいたら、
かなり参考になるサイトだと思いますよ^^

それにしても、この暑さはいつまで続くんでしょうか?

次は、電気料金が心配です・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

スポンサーリンク


相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い