電気職人の日々

関西電力の不祥事

私も関西電力エリアで電気工事をしている関係で、
普段から申請や協議などで関西電力との関わりが多いし、
電気工事の組合に加入するときに、加入金の中に
関西電力への出資的な名目のお金があったように記憶しています。

その意味からいうと私も関西電力の関係者の一人ということになり
今回の会長、社長をはじめとする経営幹部による
福井県高浜町の元助役からの多額の金品供与は深刻な問題だと思っています。



しかし記者会見を見ていても何とも歯切れが悪く、
自分たちの保身のことしか頭にないような会見でした。

関西電力に関しては、一民間企業ということで、
公務員に適用される贈収賄事件ではなく、
会社法で裁かれることになるので、
すでに相手が亡くなっていることを考えると
逃げ切れると思っているんだろうが、
世間はそんなに甘くない。

今は電力自由化の中で、他社からも電力が販売され、
一定の顧客がそちらに流れている状況で、
このような不祥事が発覚し、
尚且つ経営幹部が何の責任も取らないとなると
さらなる顧客離れを招くことにもなるだろうし、
原発関連工事などで何らかの不正が発覚すれば、
株主代表訴訟を起こされることだって考えられます。

関西電力の会長、社長をはじめとする経営幹部に
そのような危機感はないようで
「すぐに世間は忘れる」
と考えて、ひたすら貝になることを選択しているようにしか見えない。

これでは世間は決して納得しないし、
関西電力の企業としての信頼は失われることになるでしょう。

まあ関西電力としては、電気j業より
不動産などほかの事業に注力しているので、
さほど大きな問題だと考えていないのかもしれないが、
一旦、悪いイメージが付くと
それを払拭するのは容易なことではないでしょう。

そうなれば、関連事業にも影響が出ることは必至で、
連結決算も下方修正しなくてはならないかもしれません。
それは、関西電力の株主に対して損害を与えることになり、
益々株主代表訴訟のリスクが高まることになします。

というか、やってほしいと思います。
そうでもしないと、真相は闇の中ですからね。

原発立地自治体に対しては多額の税金が投入され、
それに伴って、群がる輩も少なくないと考えると、
その親玉が高浜町元助役のように思えてなりません。

しかしこれが関西電力だけの問題なのかと
ふと思ってしまします。

日本全国に原発があることを考えたら、
ほかでも今回の事案に似たようなことが
行われているのではないかという
疑念を抱いてしまうのは私だけでしょうか?

今回の関西電力の不祥事は、
関西電力管内で電気工事を行い
電気事業に微力ながら携わるものとして
恥ずかしい思いでいっぱいです。
( _ _)。ガックリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い