電気職人の日々

auショップのひどい販売手法...

先日、携帯電話をワイモバイルに変更したのに合わせて、
嫁さんの契約もauから乗り換えたんですけど、
その時に、auを解約するのに契約内容を調べてわかったことで、
本体もすべて現金支払いしたはずなのに、
なぜか分割分が20.000円以上残ってると言われて怪訝に思って、
購入したauショップに問い合わせたんです。
その結果、あまりにもひどい販売手法がわかってしまいました。


私は、au携帯を使い始めてから、すでに20年以上経過しています。

その間何度も機種変更を繰り返してきましたが、
嫁さんも同様に使ってきていたので、
毎月の使用料だけで、16.000円〜20.000円前後掛かっていましたので、
少し料金の見直しをしようと思っていたのですが、
最近の通信状況を考えたら、格安スマホでもいいかと思って、
ワイモバイルに変えたんです。
ついでに、嫁さんのも一緒に乗り換えることにしたんですが、
その時に、発覚したのが、auショップの常識はずれな金額での
オプション品の販売だったんです。

嫁さんのスマホは、2年くらい前に機種変更したのですが、
その時に、セキュリティ―などのオプションを追加して、
その中に、SDメモリカードがあったんです。

とここまでなら、普通だと思うんですけど、
その容量と価格が、桁外れだったんです。
SDメモリカード容量が128GBもあったんです。

たかがスマホのSDメモリカードにこの容量は必要ないでしょう。
でも、ここまでは百歩譲って、まだ許せたんですが、
これを分割払いにされていて、その金額を見て目を疑いました。

au480.bmp

なな、なんとSDメモリカード1枚が、30.024円だったんです。
いくら容量が128GBだとしても高すぎるので、
販売したauショップに同容量のSDメモリカードの金額を問い合わせ、
契約内容と販売価格を問い合わせると、

「同じ要領のものでしたら17.000円前後で販売しています。」

と返答してきたんです。

その前に、ネットで同容量のSDメモリカード(128GB)の金額を調べると、通常販売されているものは、高くても7.000円くらいまででした。

それがなぜ、30.000円以上になるのか、納得できませんでした。

とはいっても、すでに契約は成立しているので、
今更返金を求めても応じるはずもありませんし、
ましてや契約解消してくれることもありませんので、
泣き寝入りです。


確かに、auショップも商売ですから、多少の利益を上乗せするのは仕方ないにしても、
安いものなら、2.000円台から販売されているものを
15倍の値段で販売し、尚且つ価格をごまかすかのような、
分割払い扱いにして、ひと月の引き落とし金額を低く抑えて、
複数年支払わせる手法は、倫理的に間違っていると思います。

極論で言えば、詐欺的販売手法だと思います。

少し前には、ドコモショップでお客さんに対する差別的メモ内容が発覚して問題になりましたが、
今回は、auショップでのひどい販売の実態が垣間見えた瞬間だと思います。

このような販売手法がauショップで行われていたということは、
この店舗だけの話ではなく、ほかにもあると考えるべきです。

おそらく全国で、説明不足や購入者側があまりスマホに詳しくないのをよいことに、不必要に高いものを売りつける実態があるのだと思われるので、
みなさんもお気を付けください。

これはau だけでなく、docomoやsoftBankのショップでも考えられることだと思うので、
私が出した結論は、携帯ショップでは関連商品は購入しない


だって、スマホを使ってるんなら、ネット通販を利用すれば、
いくらでも安くて良いものが有るのに、
わざわざ種類も少なく、バカ高いものを買う必要なんかありませんからね。

さらに、高い携帯電話会社を使うメリットなんてないと考えます。
多くの方が、通話なんて大して利用しないし、
メールもLINEを使ってるから、無料だし、
後は、ネット検索や動画視聴などなので、
格安スマホの中で、プランを考えれば、
今より格段に安い利用料で済むんですから、
無駄に料金を支払うことなんてありませんよ。

ともかく、携帯ショップで進められるオプションプランや
携帯関連商品は、使わないことだと今回思い知らされました。


っていうか、もうauなんて使わない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策