電気職人の日々

政府がマスク横取り!

国土交通省が自らが所管する関係団体へのマスク販売を斡旋していることが、発覚しました。

今も医療機関ではマスクが無く、日々新型コロナウイルスに無防備で戦いを挑んでいるような状況なのに、国土交通省は何を考えているのか

今は、既得権益のために権力を乱用している場合じゃないだろ。
お前たちは、馬鹿か?


新型コロナウイルスの感染が広がる中、今も深刻なマスク不足が続いているのに、国土交通省が全国の倉庫関係などの業界団体に、医療機関でも使えるような使い捨てマスクの販売業者を仲介していることが14日、関係者の取材で明らかになったと報道されています。

今も日々医療機関には、多数の感染者が押し寄せ、そんな中でマスクや感染予防具も十分に行き届いていないのに、何をふざけたことをやってるんだ!

国土交通大臣と言えば、連立政権になってから公明党議員が務めてきたし、今も公明党の赤羽一嘉議員が国土交通大臣を務めています。
公明党と言えば、党名にもあるように、「公に明るい党」という理念で設立されたと思ってたけど、自らの既得権益や仕事をしてる感を出すために、国民の考えと乖離したような横取りともとれる斡旋を公然と公権力を使ってやってるんだと知らされました。
まあ、公明党も長期連立政権の中で、内部から腐ってきているということですかね。

そんなことをしてる暇があったら、もっと他にやることがあるだろ。
o(`ω´ )o
政治家と官僚の危機感の無さには、呆れかえってしまいます。

ようやく国会にも新型コロナウイルス感染が広がってきて、慌てて出席議員の数を減らしたりして対策してるようですが、国会議員にはサージカルマスクが行き渡ってるようです。
そのサージカルマスクはどこから入手してるんですか?

そんなのがあれば、医療機関に配布すべきでしょう。
医療崩壊がこのまあ進めば、日本中で死者が大量に出ることになってしまうことぐらい、お気楽な国会議員でも分かるだろう。
まあ、お偉い先生方には関係のないことかもしれませんけどね。
総理大臣がお気楽に家でくつろいでいる動画を投稿するくらいの国ですから、全く危機感が無いんでしょうね。

そもそも東京オリンピックと習近平の訪日に固執した結果、初期対応を誤って今の感染爆発があるんだけど、全く責任を感じていないようだし、くだらないマスクを配って、

「俺はちゃんと仕事をしてるんだ」

と自己満足してるような方ですから、何を求めても無駄ですけど、せめて横取りなんかさせないように政府内や各省庁の引き締めくらいしろよな。

なぜ、緊急に増産体制を取らないのか不思議です。
何事においても要請しかできないから、と言うのであれば、新型コロナウイルス感染終息までの期間限定の法律を作って、生産できるところに生産させるくらいのことはすべきだと思うんだけど、それもしようとしない。

公文書の改ざんや破棄は、ドンドン進めて、隠ぺい工作は素早くするのに、国難になっても何もしない政権なんて何の意味もありません。
今となっては、国会議員なんて半分でも多いくらいだと思うし、歳費や文書交通費なんか、5割以上カットすべきだと思います。

先日、衆議院議員の歳費を1年間2割カットすると胸を張って発表してたけど、多くの事業者は、2割どころじゃない収入源になっているのに、国会議員はこんな状況でも歳費と文書交通費を合わせただけでも、仮に歳費を2割カットしたとしても毎月200万円以上支払われるんです。

普通に生活できて、経済活動も行われているのなら、誰も文句を言わないかもしれないけど、今はあまりにもギャッyプがありすぎて、怒りがこみあげてきます。


今は、私のところも新規の仕事量が激減して、会社の存続すら危ういんじゃないかと不安を募らせているのに、何をバカなことばかり言ってるんだとしか思えません。

新型コロナウイルスの感染が拡大してから、本当に政府の無能ぶりばかリが目について、愚痴みたいな投稿しかできていませんけど、私と同じような思いを抱いてる方も多いんじゃないかと想像していますけど、みなさんはどうですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策