電気職人の日々

PCR検査すら受けられない国

日々、感染者が爆発的に増加する中でもこの国では、PCR検査すら受けることができない。

国民は、そんな中で、日常生活を送ることを求められ、無防備な状態でCOVID-19が蔓延している中での生活を余儀なくされています。
毎日発表される感染者というのは、検査を受けられた中から見つかった数であって、正確な感染者数を表したものでないことは誰もが知っていることです。
仮に症状が出ても検査に至るのは、ごく僅かだから手遅れになる人も出るのは当然です。


安倍首相は、
「PCR検査の実施を一日20.000件まで引き上げる」
と言っていたけど、全く増える気配は無く、今後も増えることは期待できないのが現状です。

私も電気工事の現場で今も日々仕事をしていますが、仲間と仕事をしていても、
「この中の誰かが感染してるんじゃないか」
と疑心暗鬼になることもあり、互いがこのような疑心暗鬼の中で仕事をすることで、人間関係が壊れてしまわないか心配です。

仮に、だれか一人が感染すると、工具などを共有することも多い中では、接触感染を防ぐことも困難になるし、力を合わせて行う仕事も多く、中にはおおきな掛け声を掛けながら行う作業など、飛沫感染の危険もあるので、集団感染になることも考えられる状況です。

でも、今の状態では、対象不良であっても感染を確認する術すら無いのだから、数日休んで一時的に対象が戻ったら、そのまま作業を続けることになるのは、当たり前のことだから、そうなったらもう感染を抑えるk都などできるものではありません。

こうして考えると、私たち現場作業の職人も、日々COVID-19感染の危険と隣り合わせで仕事をしていることを実感します。

清水建設(株)の現場でCOVID-19感染者が死亡したことを受けて、緊急事態宣言が解除されるとされた5月6日まで現場を止める措置をとっている現場も全国で3.000か所以上あるようだけど、中小の建築会社の現場は、今も普通に作業を続けていますし、内部では多くの職人が日々作業に従事しています。

私の会社の取引先でも、今も現場を止めることなく続けているところも数社ありますので、毎日のように現場に赴き電気工事を行っています。
もちろん感染予防対策は、施していますが、完ぺきかと言われれば、完ぺきでないと思いますが、病院関係者が感染するような状況だから、私たちのように専門知識もないものが思いつく程度の感染予防策では、限界があるのは当然で、大多数の国民は、不完全な感染予防策しかとれない中で、日々生活させられているんです。

感染予防に必要だとされる、不織紙を使ったマスクすら手に入らず、馬鹿げたアベノマスクに巨額の税金を投入して、挙句の果てに異物が混入してたり、汚れたものがあったりと、とんでもないものを送り付けるより、その金をもっと必要な治療薬やワクチンの開発に投入するほうが、よほど国民のためになると思うんだけど、こんな簡単なことが政治家や官僚にはわからないのかと、首をかしげてしまいますね。

本当なら、このブログは、電気工事のことを書くために開設したんだけど、今は仕事どころじゃないというのが本音だし、毎日流れる政府発表や国会の動き、今後の政策なんかを聞いてると、段々腹が立ってきて、ムカムカしてくるのを抑えることができなくなってきます。

世の中には、生活の糧を無くして、明日の生活が成り立たないと嘆いている人があふれているのに、支援策は全くスピード感無く、手続きに時間はかかるし、条件が厳しすぎて、該当しない人があふれる始末で、全く支援にならない状態です。

この国の政治家や官僚は、国民の命より経済が大切なようで、全く信用することができる輩ではない。

今まさに戦争中だというのに、
「あの書類を持ってこい」だの
「この条件じゃ該当しない」だのと言って、わずかな金を出し惜しむ日本政府は、先の戦争中と同じで、人の命など何とも思っていないことが今回のCOVID-19感染拡大でハッキリしたと思います。

政治家府どもは、国民に負託された税金は、自分たちのものだと思って、貧乏人に施してやっていると思ってる節があって、その思いは言葉の端々や行動に現れていると思います。

馬鹿な閣僚は、テナントなどの家賃補助に関しても、
「しょせん民・民の話fだから」と見下したような発言を平気でするし、
ほかの国会議員は、この時期に大勢で視察を行ったりと、非常識極まりない行動を平気で行っています。
その代表的なのが首相夫人による50人超での旅行でした。

私たちが、窮屈な生活の中でも我慢しているのに、政治家はそんなことはお構いなしに出歩き、好き勝手なことをしているんですから、誰も政治家の言うことなど聞く耳を持たなくなっても仕方ありません。

この国では、間もなく感染者が急増して、死者も急速に増えることになって、アメリカで起こったような状態になることが強く懸念されます。


あ〜ぁ
もう愚痴しか出てきません・・・( _ _)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い