電気職人の日々

巷に出回るマスクは粗悪品だらけ!

新型コロナウイルスの感染が広がってから、不織紙マスクの使い捨てマスクがどこの店頭からも消えてしまいました。
そのマスク不足解消のためと称して、アベノマスクが巨額の税金を使って配られていますが、それも汚れていたり、ゴミや髪の毛が入っていたりと、使えないものが多すぎて、未だに配布は終わっていません。
そうこうしてる間に巷には、不織紙の使い捨てマスクが出回るようになってきました。
商店街などを歩いていると、「こんなところでマスクを売ってるじゃないか」というようなところでマスクが売られたりしています。
徐々にマスクの流通するようになってきたのかな?



しかしそこには落とし穴があって、中国で生産して他国で売れない粗悪品を日本に高値で売っているという状況があり、安全性に疑問のあるものが多いようです。

この度、アメリカ政府は、中国企業が製造したマスクのアメリカ国内での販売許可を取り消す措置をとったようです。
これまでアメリカ国内で中国企業が生産したマスクを80社程度に流通販売を許可してきましたが、最近粗悪品が多く安全性に問題があるとして、60社以上の許可を取り消しました。
医療用高性能マスク『N95』などもその中に含まれていて、医療従事者が使うには感染のリスクがあるとして医療従事者の安全確保の観点から、今回の措置に踏み切ったかたちです。

今回の新型コロナウイルス感染が広がるにつれ、世界中でマスクの需要が高まり、争奪戦のような状況が生まれたのに乗じて、中国人が金儲けのために急遽増産した中に多数の粗悪品が混在して、高値で輸入しても使い物にならないとして、突き返されるものが増えて、中国国内でだぶついているものが今日本をターゲットにして、中国人が持ち込んでいるようです。

中には製造段階で標準的な性能を満たしていないものもあり、そもそも使い物にならないものを高値で日本に売りつけている最悪な状況のようです。
それでも今も在庫が増えすぎて、長期保管しているものもあり、それらの中には、保管状況が悪く、ウイルスや雑菌が付着しているものも認めれっるようで、マスクを使いうことで、逆にウイルス感染してしまう危険性すら叫ばれています。

巷にあふれだした中国製のマスクには十分注意する必要があるでしょう。
最悪の粗悪品を暴利をむさぼる目的で日本に持ち込んでいるのですから、安全性など考えられているとは到底思えませんし、今回のパンデミックの原因は中国なんだし、今中国の粗悪なマスクを買うことは、昔の言い方をすれば、
「盗人に追い銭」的な感じです。

今出回っている使い捨てマスクは、中国製の粗悪品ばかりですが、もう少しすれば、日本国内で生産された清潔で安全なマスクが出回るようになりますから、ドブにお金を捨てるような不潔なマスクなど決して手にしないでください。

もう間もなく、アイリスオーヤマが大量生産を始めますし、他社も追随してくることも十分考えられますので、日本製の安全なマスクが出回るまで、手作りマスクなどでしのいでください。

手作りで個性あふれるマスクを作って使うのもおしゃれの一つになる時代ですから、マスクでも楽しみましょう。

それにしても中国ってひどい国ですね。
┐( ̄。 ̄)┌

中国の一般の人々は、日々の行動からものの考え方まで管理されて、共産党に背くものは弾圧されて人としての尊厳もへったくれもあったもんじゃありません。
世界中が中国発のパンデミックに苦しみ、中国人も苦しんでる中でも、共産党は香港での弾圧の手を緩めるどころか締付を強化していますし、ウイグルでは強制収容所に入れられたウイグル人がひどい弾圧と、共産主義思想への洗脳が行われ続けています。

かつて香港で共産党批判の出版物を扱っていた本屋さんも今では、台湾に移住して台湾で本屋さんを開いているように、逃げ出せる人は、ドンドン香港から逃げ出していますし、今後大陸から共産党に従順な人々がどっと流れ込んで、一国二制度を謳った香港は消滅してしまうでしょう。

それまでに香港の民衆がどのような弾圧や迫害を受けるのか私たちも注視しておく必要があるでしょう。
困難ブログを書きながら、ふと、今回の新型コロナウイルス感染は、中国が意図的に引き起こしたのではないかという疑問がわいてきました。
真相はどうなのかわかりませんが、あながちない話でもないように思われるのは私だけでしょうか?

あぁ〜恐ろしい・・・
((;゚ェ゚;))
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い