電気職人の日々

元検事総長も反対する検察庁法改正

安倍内閣が強行しようとしている検察庁法の改正に対して、大多数の国民が反対しているのになぜ強行しようとするのか理解できません。
そんな中、松尾邦弘元検事総長を筆頭する検察OBらが、法務省に検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案に反対する意見書を提出した。
検察OBが、法案審議に対して意見書を提出すること自体が異常なことなのです。
それほど、今回の検察庁法改正案は、恣意的でひどい改正内容だということです。

今回の検察庁法改正案の最大の問題点は、検察官の人事権を内閣が握るところにあります。
検察庁は、政治家であっても独立して捜査を行い、犯罪事実が確認されれば、逮捕することもできる絶大な公権を有する組織ですから、その独立性がとても重要で、そのため一般の国家公務員とは別の検察庁法でその独立性等を担保しているのです。

しかし、今回の改正案が成立すると、その人事権を官邸が握ることになり、人事権を行使して、検察官に圧力をかけることになり、検察官が官邸の顔色ばかり見て、犯罪行為があっても十分な捜査をせず、政治家の不正がまかり通ることになってしまいかねません。

一時期流行った忖度が行われ、政治家はますますやりたい放題になってしまいます。

安倍内閣が行おうとしているのは、戦前のような国民を謀り、悪政を思うがままにしようとしているとしか思えません。
安倍内閣は、戦前のような軍国主義の国を造ろうとしているのでしょうか?
そのためにまず検察庁を思い通りにするための検察庁法改正案を無理やり成立させようとしているとしか思えません。

このまま成立させてしまっては、国民生活もままならない社会になってしまう恐れすら感じます。
その兆候は、森友学園国有地売却事件を捜査した大阪地検でも見られていました。

そのため、国土交通省近畿理財局職員だった赤木さんを自殺に追い込む結果になったと言えなくもありません。
このように人の命をも奪いかねない検察の在り方を腐った政治家の思い通りにできるようになってしまっては、もはやこの国から正義という言葉は、消滅してしまうでしょう。

「正直者が馬鹿を見る」世界など誰も望んでいないのですから、今大きな声を上げなくてはなりません。

たかがいち電気工事業者がこんな政治的なことを書いて発信するのもどうかと思いますが、黙っていられない気持ちを抑えきれなくなってしまったので、こうして記事を書いて、発信しています。

Twitterは、これまで利用していなかったのですが、ニュースでTwitterデモを見て、私もこのデモに参加するために始めました。
ですから数百万のツイートの中の一つは、私のものなので、カウントされていると思います。
多くの日本国民が反対する悪法を無理やり通そうとする、安倍政権など信用する人がいるんでしょうか?

ましてや国中が新型コロナウイルスに侵され、痛み苦しんでるときに、やるようなことですか。

仮にどうしても検察庁法の改正が必要だというのなら、じっくり審議できる時に十分時間をかけて改正案の中身を審議すべきです。
逮捕権や捜査権といった、国民をも縛ることができる力を持った検察庁の在り方を左右しかねない法案なのだから、国民に対する丁寧な説明も必要だと思うし、いろんな意見も参考にすべきだと思います。

いずれにしても今やる必要は、どう考えてもありません。
(`・_・´)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い