電気職人の日々

元検事総長も反対する検察庁法改正

安倍内閣が強行しようとしている検察庁法の改正に対して、大多数の国民が反対しているのになぜ強行しようとするのか理解できません。
そんな中、松尾邦弘元検事総長を筆頭する検察OBらが、法務省に検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案に反対する意見書を提出した。
検察OBが、法案審議に対して意見書を提出すること自体が異常なことなのです。
それほど、今回の検察庁法改正案は、恣意的でひどい改正内容だということです。

続きを読む

電気職人の日々

曖昧模糊・・・これって基準なのか?

政府が特定警戒地域8都道府県を除いた39県の緊急事態宣言を解除しました。
これで、人の移動の制限は事実上撤廃されたことになるので、県境を越えた人の移動が起こるのは間違いないでしょう。
政府も各県知事も「県境を越えた移動の自粛」を呼び掛けていますが、抑制されていた気持ちが開放されたことで、人の気持ちに緩みが生じることは、間違いありませんので、移動するなと言っても無理でしょう。
政府は、再び感染拡大の兆候が見られたら、再び緊急事態宣言を発令するとしていますが、示された基準は曖昧模糊としたものでした。



続きを読む

電気職人の日々

私も検察庁法改正に抗議します。

新型コロナウイルス感染がようやく下火になってきて、世の中に少し明るい兆しが見え始めたと思ったら、腐った政府は、おのれの保身のためだけに検察庁法という独立すべき法律を恣意的に改正しようとしています。
Twitter上では、数百万ツイートされるほどの大反対の声が上がっているのに、安倍内閣は国民の声を無視して、おのれの保身のために強行採決しようとしていますが、こんなやり方には、主権者としての国民の一人として、断固反対します。

続きを読む

電気職人の日々

熱中症に注意!

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出されている中で、みなさんもが外出を自粛したり、テレワークで仕事をしたりして、自宅に居ることが多くなっていると思います。
そして、長引く緊急事態宣言で、自粛疲れによるストレスも蓄積されて、家庭内も若干ピリピリしたムードになってはいませんか。

そんな巣籠状態が続く中、来週は、気温が高くなる予想ですからこまめに水分をとって、熱中症にならないように注意してください。

続きを読む

電気職人の日々

巷に出回るマスクは粗悪品だらけ!

新型コロナウイルスの感染が広がってから、不織紙マスクの使い捨てマスクがどこの店頭からも消えてしまいました。
そのマスク不足解消のためと称して、アベノマスクが巨額の税金を使って配られていますが、それも汚れていたり、ゴミや髪の毛が入っていたりと、使えないものが多すぎて、未だに配布は終わっていません。
そうこうしてる間に巷には、不織紙の使い捨てマスクが出回るようになってきました。
商店街などを歩いていると、「こんなところでマスクを売ってるじゃないか」というようなところでマスクが売られたりしています。
徐々にマスクの流通するようになってきたのかな?



続きを読む

相互リンクナビ SEO対策 モバゲー 出会い